Fukuoka Interpreters' Association(FIA)
RedHisicus

会則について

名称および連絡事務局
第 1 条 本会は福岡通訳協会(英文: FUKUOKA INTERPRETERS' ASSOCIATION) (略称: FIA)と称し、連絡事務局(事務局長:毛利美子)を下記に置く。
811-0213福岡市東区和白丘4-25-7
TEL &FAX : 092-608-0181
会員の構成および目的
第 2 条 第15回日米市長および商工会議所会頭会議(1979年11月12日より16日まで)が福岡市内で開催され、県内各地から市民がボランティア通訳として参加した。この会は当時のボランティア通訳を母体に、この会の趣旨に賛同する個人および法人会員で構成される。本会は、会員相互の親睦、自己啓発、特に語学力を高めその知識を活用して国際親善に寄与することを目的とする。 
事 業
第 3 条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1. 地域社会が開催する国際的イベントへの積極的な参加・協力
2. 地域の国際化ならびに会員の研鑽のための講演会および研修会の実施
3. その他、本会の目的達成のために必要な事項 
役 員
第 4 条 本会に次の役員を置く
会   長      1 名
副 会 長      若干
事 務 局 長       1 
事務局次長      若干
会 計 監 査       2 名 
 
役員の選出
第 5 条 役員は総会において選出される。 
役員の任期
第 6 条 役員の任期は2年間とし、重任を妨げない。 
役員の任務
第 7 条 1. 会長は会務を総括し、本会を代表する。
2. 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、これを代行する。
3. 事務局長は本会運営に必要な事務を総括する。
4. 事務局次長は事務局長を補佐し、事務局長に事故あるときは、これを代行する。
5. 会計監査は年1回以上会計を監査し、その結果を総会に報告する。
名誉会長および顧問
第 8 条 本会に名誉会長および顧問を置くことができる。
事務局
第 9 条 1. 本会に事務局として、事務局長および事務局次長ならびに次の各部を設ける。

運営
会部
企画部
広報部
経理
2. 第1項に定める各部には、それぞれ部長および副部長各1名ならびに必要に応じ部員若干名を置き、これを事務局員と称する。事務局員は会長が指名し、総会に報告する。
3. 事務局員の任期は第6条の規定を準用する
4. 各部の事業内容については別に定める。
  

会 議
第 10 条 会議は総会、例会、幹事会および事務局会議とする。 
総 会
第 11 条 1. 総会では次の事項を議決する
(1) 事業計画に関する事項
(2) 予算・決算に関する事項
(3) 事業報告に関する事項
(4) 役員の選出に関する事項
(5) 会則の改廃に関する事項
(6) 会員の資格審査に関する事項
(7) その他重要な事項
2. 総会は原則として毎年2月の第3日曜日に開催する。
3. 会長が必要と認めるときは臨時総会を招集することができる。
総会の成立および議決
第 12 条 総会は会員の過半数(委任状を含む)の出席をもって成立し、議案は出席者の
過半数の賛成により議決される。
例 会
第 13 条 1. 例会においては次のことを行う
(1) 経過報告および情報の交換
(2) 会員の研鑽に資する行事
(3) その他
2. 例会は原則として年に数回開催する。
幹事会および事務局会議
第 14 条 1. 幹事会は会長、副会長、事務局長、事務局次長および各部の部長をもって構成する。
2. 事務局会議は役員(会計監査を除く)および各部事務局員で構成される。
3. 幹事会および事務局会議は適宜会長が招集し、本会運営に関する次の事項を審議する
(1) 総会および例会に提出する案件
(2) 会員の資格に関する事項
(3) 本会の細則に関する事項
(4) その他
4. 幹事会に各部の部長が出席できないときは、副部長または部員がこれ代わって出席するものとする
会計および会費
第 15 条 1. 本会の運営に必要な経費は会費およびその他の収入をもってこれに充てる。
2. 本会の会員は年会費を収めることとする。
           年会費の額は次のとおりとする。
個人会員 5、000
会計年度
3. 本会の会計年度は1月1日より12月31日までとする
入会資格
第 16 条 1. 本会への入会は、原則として年一回行われる資格審査に合格したときに認められる
2. 入会希望者は、指定された日までに事務局に履歴書等必要書類を提出するものとする
3. 入会受験料は一言語につき3、000円とする
4. 入会金は5、000円とする。
5. 法人 会員の入会条件については、幹事会または事務局会議で別途審議する。
休会扱いおよび資格の喪失
第 17 条 1. 会員の休会扱いは2年間とし、その年間会費を免除するただし、休会を希望する者はその理由を付けて事務局に届を出し幹事会または事務局会議の承認を受けなければならない。
2. 会員が次の事項に該当するときは、会員の資格を喪失する
(1) 会費をその年度の4月30日までに納入しないと
(2) 本会の名誉を著しく傷つけたとき 

第 18 条 この会則は1980年5月1日より実施する。

1986年5月 1日    一部改正
1988年2月 1日    一部改正
1990年2月 1日    一部改正
1991年2月24日    一部改正
1992年2月23日    一部改正
1993年2月21日    一部改正
1998年2月15日    一部改正
2002年2月17日    一部改正
2003年2月16日    一部改正
2005年2月20日    一部改訂

Top Pageへ

RedHisicus2